歯科治療の方法について インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

歯科治療の方法について
HOME > 歯科治療の方法について
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

治療説明

虫歯によって歯の大部分を損傷し、神経が壊死してしまっている状態です。

まず、虫歯によって柔らかくなった歯質と壊死してしまった神経を取り除きます。

先端がドリル状になっている細い針金で、歯の根の奥まで壊死した神経を取り除きます。

壊死した神経を奥まで取り除き、根の中が綺麗な状態であることを確認できたら細い棒状の薬を差し込みます。
このとき、なるべく隙間から菌が入らないように穴の大きさの限界まで薬を差し込みます。

薬の不要な部分を切り取ります。

奥歯の場合、根が2〜3本あるので根の本数分同様に治療を行います。

薬が全て入りきったら、冠をかぶせるための土台作りを行います。

土台を立てる穴を空けるため、詰めた薬ごと穴を開けます。

根の本数分の金属の土台を立てます。その上に虫歯治療で使うセメントを注入し、凝固させ、歯と同じ色の土台が完成します。

損傷した歯の部分と凝固させたセメントを削って形を整えます。

最後に土台の型を取り、保険診療では白いプラスチックの歯や銀歯、自由診療では陶器でできた白い歯などをかぶせて治療が完了します。


お問い合わせはこちら