定期健診のすすめ インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

定期健診のすすめ
HOME > 定期健診のすすめ
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

定期健診で歯周病や虫歯を未然に防ぎお口の健康を守りましょう!

歯を失う原因の中で最も多いと言われているのが、「歯周病」です。歯肉炎や歯周炎というのが病気の名前ですが総称して歯周病と呼ばれています。さて、歯周病の何が恐ろしいかというと、本人が気づかない間に進行しているということです。

歯や歯ぐきに歯垢が溜まったままになっていたり、喫煙や偏った食事による栄養不足などの理由により歯ぐきが徐々に炎症を起こしていきます。炎症を起こした歯ぐきから出血があると歯周病のサインです。しかし、炎症をそのまま放っておくと歯を支える骨が退縮し、歯が自然に抜け落ちてしまうのです。

当杉田歯科医院ではこれまで30年以上歯周病治療を行い、多くの実績を挙げております。当院で定期的に歯周病のメンテナンスを受けていただいている患者様から8020高齢者表彰に毎年多くの方を送り出しております。


歯周病・予防歯科について

1. 歯みがきの確認

当院では歯周病治療においてこの処置が最も重要だと考えております。

歯みがきの確認

歯周病とむし歯の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは食べ残しが歯にくっついているのではなく、食べたもの主に糖分を栄養として繁殖したバイ菌(微生物)です。

最初に歯科衛生士が染め出し液でプラーク(歯垢)を染色し、磨き残しをチェックします。第1段階の目標は20%以下にすることです。唾液の抗菌作用や全身の免疫力によって差はありますが、磨き残しを20%以下にしないと歯周病の改善は困難です。またむし歯の再発も起こってきます。

当院で歯周病指導を受けている患者様の中で磨き残しが5~7%以下を維持している方が何人かいらっしゃいますが、これらの方は歯周病はほとんど進行しないし新しいむし歯も起こりません。かぶせてある歯の歯肉が下がって歯根が見えてきてもむし歯にはなっていません。

歯科医院で歯みがき指導を受けていない人で磨き残しが5~7%以下だったらその人は潔癖症(不潔恐怖症)という病気です。しかしながら異常なくらいみがき残しがない状態を保たないと歯周病やむし歯から歯を守ることはできません。

その方法は 【1】食生活 【2】歯みがき です。


【1】食生活の改善

プラーク(歯垢)甘いお菓子はチョコレート、プリン、ケーキ、アイスクリームなどを食べたら甘い味の余韻を残さないよう、すぐに甘くない飲み物(お茶、砂糖の入ってないコーヒー、紅茶)やお湯を飲んででお口の中を洗い流します。毎回歯ぶらしで磨かなくてもOKです。

キャンディー、キャラメル、グミ、ラムネ菓子、小粒のビスケットなど長い時間お口の中が糖分にさらされるお菓子はダメです。キシリトールやノンシュガーはOK。コーヒー、紅茶に砂糖を入れたものはできるだけ短い時間で飲み、飲み終わったらすぐに洗い流します。甘い飲み物を大きなマグカップで長時間かけて飲んだり、ペットボトルの甘い飲み物(ジュース、コーラ、スポーツドリンク)を少しずつ飲むのもダメ。甘い飲み物でダイエット○○や○○ゼロのように砂糖が入っていない飲み物はプラークを作りません。ただし人工甘味料には問題があるという方もおりますのでご注意ください。


【2】歯みがき

毎食後の歯みがきは歯の間の食べカスが取れて甘い味が残っていない程度に磨けば十分ですが、1日に1回寝る前にはしっかり歯みがきをしてください。

(従来の染め出し液はお口の中が真っ赤になりましたが、現在は薄いピンク色の液で簡単に洗い流せるものを使用しております)


2. お口の中のチェック

  1. 歯ぐきから膿が出ていることはないか
  2. 歯ぐきが赤く腫れていないか
  3. 歯がグラグラ動くことはないか
  4. むし歯ができていないか(進行していないか)
  5. お口の中の傷や口内炎などの粘膜疾患 などを確認します。

3. みがき残し部位の清掃

スケーリング(歯石除去)ルートプレーニング(歯肉の下奥深い部分に付着した歯石と感染した歯質を専用の器具を使ってきれいに取り除く処置)


4. 機械的歯面清掃

スケーリングやルートプレーニングを行った後、歯に歯石が再付着しにくいようにクリームを付けラバーカップで歯の表面をつるつるに磨きます。


5. 虫歯の予防

今後むし歯になる危険度の高いところが予測される場合はフッ素を塗り、カルシウム分が溶けだしている部分には再石灰化を促すためMIペーストを持ちいます。


歯周病は自分では気がつきにくい病気です

歯周病

こんな症状が気になったら歯周病かもしれません。

中等度の歯周病
  • 歯と歯の間の歯ぐきがぶよぶよして赤く腫れている
  • 歯を磨くと歯を磨くと血が出る
  • 朝起きた時口の中がネバネバしている
  • 歯肉が下がり歯が長く見えてきた
  • 口臭がする
重症の歯周病
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきが腫れて痛くなる
  • 歯肉を押すと膿が出る
  • 冷たいものが歯にしみる
  • 歯ぐきが下がって歯が長くなったような気がする

当院では30年以上前から歯周病治療に専門化した診療を行い、毎月1000人以上の方が歯のメンテナンスで来院しています。

杉田に通うようになってから

歯のグラグラが改善
  • これまで毎年1本くらいずつ歯が抜けていったのに歯が抜けなくなった
  • 歯ぐきのブヨブヨが治り歯を磨いても血が出なくなった
  • 口臭が少なくなった
  • 歯のグラグラが改善し前よりも良く噛めるようになった
  • 糖尿病、肝臓病などの検査結果の数値が大きく改善した

などの声をいただいております。


3~6ヶ月に1度のメンテナンスを

通常3~6ヶ月に一度のメンテナンスをおすすめしています。
メンテナンスの間隔は患者さんごとに異なります。
おひとりひとりの状態に合わせて間隔を決めさせていただいています。


保険診療の範囲内で実施

患者様の状態によって金額は、変動しますが目安として2,000円前後(3割負担の場合)

初診料金 700円
ブラッシングの指導管理 1,000円~2,000円
歯石除去およびルートプレーニング
(根の表面を滑沢にする処置)
1,200~2,000円
検査&レントゲン 700円~1,210円
合計 2,000円~4,000円

お問い合わせはこちら