デンタルニュース インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

デンタルニュース
HOME > デンタルニュース > 「口腔内カメラ導入」「虫歯の進行の仕方について」
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

杉田歯科医院では、お客様にわかりやすい治療内容の説明をするために「口腔内カメラ」を導入しました。


口腔内カメラとは・・・

口の中を撮影することのできる棒状の小型カメラです。
奥歯の裏側や上顎の見えにくい治療箇所などを口腔内カメラを使って撮影し、タブレット端末を使って各治療台にてご確認いただけます。


口腔内カメラ

口腔内カメラ
口の中を写すことの出来る小型カメラ。

タブレット端末

タブレット端末
タブレット端末に治療箇所を表示し、鏡では見えにくい箇所もタブレットの画面で確認できます。

虫歯の進行の仕方について

虫歯のスタート状態 「C0」虫歯のスタート状態です。
この段階で発見できればほとんど元通りに治すことができます。

虫歯が少し進行した状態 「C1」虫歯が少し進行した状態です。
この段階で治療をすれば白い詰め物だけで治すことができます

虫歯が大きく進行した状態 「C2」虫歯が大きく進行した状態です。
銀色の詰め物で治す可能性が出てきます。場合によっては痛みが生じます。

歯の神経まで虫歯が進行 「C3」歯の神経まで虫歯が進行しています。
麻酔で痛みを止めてから治療を行います。神経を取り除き上から大きく金属で被せることもあります。

ほとんど歯が無い状態 「C4」ほとんど歯が無くなってしまっています。
神経を取り除き金属の土台を立てて被せます。場合によっては抜いてしまうこともあります。

1度削ってしまった歯は元には戻りません。
一生付き合っていく自分のパートナーとして大事にしていきましょう。

そのためにも定期検診は大変重要です。当院では3ヶ月に一度の定期検診を呼びかけています。
お問い合わせはこちら