デンタルニュース インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

デンタルニュース
HOME > デンタルニュース > 「11月8日はいい歯の日」「クラウン・ブリッジ・義歯を長持ちさせる秘訣」
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

11月8日はいい歯の日

いい歯の日

11月8日は1(い)・1(い)・8(は)の語呂にちなんで「いい歯」の日とよんでいます。

10月号の院内報で紹介した「8020運動」の一環となっており、11月8日を含む1週間を歯や口の健康を維持する強化週間に定めています。


クラウン・ブリッジ・義歯を長持ちさせる秘訣

歯の隙間

クラウンやブリッジなどの被せ物や取り外しの義歯(入れ歯)を長持ちさせるには、毎日のメンテナンスが大切です。

被せ物をして治療が終わった歯でも一生放っておいていいわけではありません。

ブリッジやクラウンの場合は被せてある歯の隙間から虫歯が進行していき被せ物の中で歯が虫歯になることがあります。
義歯の場合は義歯を支える歯を虫歯で失ってしまうとせっかく作った義歯が使えなくなってしまいます。

右の写真の丸印部分が食べ物のが詰まりやすい隙間です。

クラウンやブリッジで治療した歯はこの部分を綺麗に保ちましょう。
義歯を装着している場合は支えの歯を綺麗に保つことが重要です。

さらに毎日のお掃除とは別に3ヶ月に1度受診されることをお勧めします。
歯科医院の専用の機械で掃除することでより長持ちさせることができます。
万が一隙間から虫歯になってしまっても早期発見により元の歯を綺麗に残すことができます。


デンタルフロス(糸ようじ)と歯間ブラシ

毎日のブラッシングに加えフロッシングも行いましょう。

歯ブラシによるブラッシングだけでは落としきれない汚れが歯と歯の隙間に残っています。
歯が隣り合っている部分の隙間にはデンタルフロスを、歯と歯ぐきの境目の隙間には歯間ブラシを使うと歯と歯の隙間まで綺麗に磨くことができます。

デンタルフロス
デンタルフロス
歯間ブラシ
歯間ブラシ

杉田歯科医院デンタルクイズ

デンタルクイズ

Q:キシリトールが最初に発見された木があります。
次のうちどの木でしょう?

答 : 1.樺の木 2.杉の木 3.バラ科植物


前回のクイズの答え

Q:次の飲み物の中で、口の中が一番酸性になる飲み物はどれでしょう?

答 : 1.牛乳 2.スポーツドリンク 3.紅茶(ストレート)


答えは

答えは2番のスポーツドリンクです。運動した後に飲むものなら体に良い・・・というイメージがあると思いますが実は砂糖の量が多く、酸を発生させる大きな原因になります。運動中に続けて飲むことがあるのならミネラルウォーターをお勧めします。


お問い合わせはこちら