歯科メンテナンス(予防歯科) インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

歯科メンテナンス(予防歯科)
HOME > 歯科メンテナンス(予防歯科)
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

歯科メンテナンス(予防歯科)について

  • むし歯で歯に穴があいたから詰め物で治す。
  • むし歯で痛くなったから歯の中の神経をとる。
  • 歯がグラグラしてきたから抜いて入れ歯をつくる。

これが歯医者の仕事だと思っている人が今でもいます。

当、杉田歯科医院ではほとんどの治療がメンテナンスです。メンテナンスという言葉を辞書で調べると「維持、整備、保守、正常な状態を維持するために行う作業」とあります。歯科メンテナンスは「むし歯や歯周病など新たな病気を起こさないで健康な状態をずっと保つ」予防プログラムです。当、杉田歯科医院では、歯科衛生士、歯科医師が患者様自身と協力しながらお口の健康を守り、健康で快適な生活を送るためのお手伝いをさせていただきます。

プラークが歯周病。むしばの原因です。

歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじなどを使ってご自身でどんなに上手に歯磨きしても歯垢を完全に取り除くことは困難です。しかしながら当院では常に磨き残し10%未満になることを目標にブラッシング指導をしています。毎月、歯の染め出しを行いしつこいほどに歯磨きチェックを行っております。

最初に示した治療の終了が「予防」のはじまりです。


歯科メンテナンス(予防歯科)の内容

1. 歯、歯肉、お口の中全体の状態をチェック

歯、歯肉、舌、粘膜などお口の中を診査し、むし歯と歯周病の有無や進行度を検査します。

パノラマレントゲンで診査します。

お口の中の治療前の状態を記録するためカメラで写真を撮影します。これは健康保険診療の検査として厚生労働省がぜひ行ってほしい項目ですが、患者さん本人が希望しない場合は撮影しません。

歯、歯肉、お口の中全体の状態をチェック
歯、歯肉、お口の中全体の状態をチェック

2. 歯に付いている歯垢を染め出して「歯磨き」の確認

当院ではデンタルⅩというソフトを使って毎月1回磨き残しを記録しています。10%未満を目標に指導しています。

もし歯医者で歯磨き指導を受けていないのに磨き残し10%未満の人がいたらその人は潔癖症または不潔恐怖症という病気です。しかし歯周病から予防するためには磨き残し10%未満を保つ必要があります。中には歯医者に来る前だけ念入りに歯磨きしている人も見受けられますが、われわれプロは歯肉の色炎症の程度を見ればわかります。

広汎型侵襲性歯周炎または若年性歯周炎といって歯磨きができているのに急速に歯周病が進む疾患がありますが、そのような人は100人に一人もいません。ほとんどの歯周病の人は不十分な歯磨きが原因です。

唾液に含まれるカルシウムが歯の表面に沈着したものが歯石です。歯石が付くとその上に歯垢が付くので歯石は常に取っておかなくてはなりません。歯医者で歯石を取って早い人は2週間で歯石が付きます。このような人は一生歯医者と縁が切れません。

歯磨きの確認
歯磨きの確認

3. 歯と歯根のスケーリング、ルートプレーニング

歯科医院では歯ブラシが届かない歯肉の下を専用の器具を用いて歯垢、歯石を除去します。
スケーリングとは超音波スケーラーまたはハンドスケーラーという器具を用いて、歯と歯根の表面に付着している歯垢(プラーク)と歯石を取り除く処置です。

ルートプレーニングとは、歯垢によって汚染され壊死したセメント質を除去する処置です。これにより歯肉が歯根に再付着しポケットを改善する効果が期待されます。

ルートプレーニング

4. 機械的歯面清掃

汚れを落とした歯の表面に歯垢、歯石が再付着しにくいように、マイクロブラシにペーストを付けて歯の表面を滑沢にします。これは機械的歯面清掃といって健康保険診療では2カ月に1回行います。

機械的歯面清掃
機械的歯面清掃

お問い合わせはこちら