インプラント治療例 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

治療例
HOME > 治療例 > インプラント治療例
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

インプラント治療例

インプラントとは、歯を失った所に人口の歯根を植え、しっかりとあごの骨に固定した後、その上に土台を立て白い冠をかぶせる新しい歯の治療方法です。

インプラントを顎の骨に埋入しその上に歯を作ったら治療は終わりではありません。天然歯が歯周病になるのと同じようにインプラントも起こす可能性があります。そのために

  1. 定期的に歯磨きの管理を行う(歯の周囲に染め出し液を塗布し歯垢の付着率10%以下をキープする)
  2. 定期的にかみ合わせのチェックを行う。

インプラントを埋入し上顎5~6カ月後下顎3~4カ月後骨と結合(オッセオインテグレーション)します。当院では約97%の成功率。その後歯磨きが悪く歯垢の付着率がいつも30%くらいの人は11年後、19年後にインプラント周囲炎で脱落した事例があります。

インプラントに過剰な力がかかった場合、かぶせ物が割れることは結果的にインプラントを保護することになります。そのため、『かぶせ物が割れて脱落した』『ネジが緩んだためかぶせ物を作りかえた』などの状態は元の状態に直すことができますので失敗例として数えておりません。

院長の杉田基が最初に施術した時が1987年12月です。それから30年間で症例数1,000例以上あります。
現在では、院長以外にも2名の歯科医も施術を実施しています。



お問い合わせはこちら