歯周病治療 予防 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

治療案内
HOME > 治療案内 > 歯周病予防 > 口臭の原因
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

口臭の原因

【1】歯周病(歯槽膿漏)

歯周病とは、歯石・歯垢(プラーク)に含まれている細菌に歯周組織が感染し炎症をおこす状態です。歯槽膿漏という言葉が示すように歯の周りから膿(うみ)が出る状態です。
これが1番の口臭の原因です。

【2】むし歯

むし歯の穴につまった歯垢(プラーク)や食べかすが腐敗、発酵して悪臭を放ちます。
さらにはむし歯が歯髄(神経)にまで進むとあごの骨内で歯根の先に膿(うみ)が貯まります。この膿が歯ぐきから出てくると強い口臭の原因になります。

【3】舌苔(ぜつたい)

さまざまな原因により、舌の表面に白色・褐色・黒色の食べかすや老廃物、細菌などが結合し、付着したものです。
ストレスなど心身系の原因のほか、疫力が低下したり、消化器系の疾患によっても見られ口臭の原因になります。
通常、舌ブラシで取り除きますが根本原因の解決を図る治療も必要です。

【4】入れ歯・ブリッジなどの清掃が不十分なことが原因となることがあります。

歯科医院で診断してからプロによる清掃を行います。

【5】胃、腸、肝臓、胆嚢などの消化器疾患や肺、気管支などの呼吸器疾患が原因の場合もあります。

この場合は内科医と相談して治療をすすめることになります。

当院では呼気口臭に関与するガス成分を数値化し、 測定結果は3桁でデジタル表示される呼気口臭ガスモニターで検査した後、口臭の原因を調べ治療にうつります。

呼気口臭ガスモニター
呼気口臭ガスモニター
タニタ ブレスチェッカー
タニタ ブレスチェッカー

健康な人で口臭が気になると思っている人の中に特に問題のない人もいます。

一般向けにはタニタからブレスチェッカー(定価:4,200円)という息を吹きかけるだけで口臭をチェックできるものがありますので気になるかたは自分でお試しになることもできます。

そのような場合にも十分検査して説明させていただきますので遠慮なくお申し出ください。

先日も院内ミーティングで口臭測定の実習を行ないました。

タニタの一般用測定器ブレスチェッカーと定量サンプリング方式のデジタル呼気口臭ガスモニターを比較しながら、
【1】術前
【2】デンタルリンス
【3】プロフェッショナル機械的清掃後を測定した結果、
予想以上の好結果を得ました。

詳しくは、歯科医師、歯科衛生士にお尋ねください。
TEL.0584-78-0418
お問い合わせはこちら