歯科医から一言 インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

歯科医から一言
HOME > 歯科医から一言 > 歯周病治療の検査に位相差顕微鏡
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

歯周病治療の検査に位相差顕微鏡

歯周病治療の検査に位相差顕微鏡を使用

誰のお口の中にも菌はいます。これまで数人のお口の中から菌を取って調べました。

1の患者様は歯周病で歯周病の原因になるスピロヘータが多く見られます。
2の患者様は一般的な成人です。歯垢中の菌は主に球菌、桿菌です。
3の患者様は小学生でお菓子の歯垢中の食べかすが多く残っており、菌は主に球菌、桿菌です。

位相差顕微鏡による検査は健康保険診療の毎月の歯周病の管理料に含まれ、特別な治療費はいただいておりません。

当院で行っている次亜塩素酸水による洗浄では、歯周病を取り除く処置に優れた効果を上げております。


歯周病の原因になるスピロヘータが多く見られます。


歯垢中の菌は主に球菌、桿菌です。


菌は主に球菌、桿菌です。

お問い合わせはこちら