歯科医から一言 インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

歯科医から一言
HOME > 歯科医から一言 > 当院で使用しているジェネリック医薬品について
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

ジェネリック医薬品

当院で使用しているジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品

当院でお客様にお渡ししているくすりでは多数のジェネリック医薬品を使っております。
医院によっては大きい利ザヤを得るジェネリック医薬品を選ぶこともありますが、当院ではお客様の医療負担を少しでも少なくすることを考えて用いております。

下の説明にもありますように先発医薬品と比べて全く同じというわけではなく、ジェネリック医薬品な場合子供用のシロップの味が悪く前投与された先発医薬品はよかったのにジェネリック医薬品にしたら飲まなくなったということもあります。

また錠剤・カプセルなどの大きさの違いもあります。メーカーによってはコスト削減のため素材が落とされている場合があり、信頼性が低いという理由でジェネリック医薬品は使わないという医師の話も聞いたことがあります。

これらいろいろ考慮した結果、当院では信頼できる製薬会社を調べてジェネリック医薬品を選択しております。

ジェネリック医薬品とは(日本大百科全書より)

薬の開発には長い年月と膨大な経費がかかる。先発品は発明から20年程度、他社が製造販売できないよう特許権で守られているが、それ以後は他社でも製造可能になるため、メーカーは国にジェネリック医薬品として承認申請し、認可を受けると販売できるようになる。

すなわち、後発品は開発経費のない分、価格は安く設定されるのである。
規格および試験方法や生物学的同等性試験などの項目が審査され、新薬と同等であるとみなされれば厚生労働省が認可する。有効成分以外の補助物質が先発品と多少違う場合もありうる。


お問い合わせはこちら