デンタルニュース インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

デンタルニュース
HOME > デンタルニュース > 「6月4日といえば…虫歯予防デー」「歯周病について」
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

6月4日といえば…虫歯予防デー

歯と口の健康週間

6(ム)4(シ)ということで6月4日は虫歯予防デーとなっていて6月4日から6月10日までは「歯と口の健康週間」ということで全国的に虫歯予防の取り組みが行われています。


歯周病について

歯周病の危険性について皆さんはどこまでご存知ですか?
今回は「放っておくと危険!未然に防ごう歯周病!」ということで歯周病について勉強してみましょう。


健康な歯肉 健康な歯肉(はぐき)の状態です。
○印の歯周ポケットというところが1mm~2mm程度でしっかりと歯を支えています。

歯と歯茎の間に歯垢がたまる 歯と歯茎の間に歯垢がたまり、徐々に歯茎が腫れだしていきます。

歯肉炎 ずいぶん歯垢が溜まってしまい、「歯肉炎」になってしまいました。
多少痛みが出る場合もあります。歯周ポケットが3~4mm程度。

歯肉炎が進行 歯肉炎が進行し、歯ぐきがだいぶ弱っています。歯を支える骨も溶け出しています。
歯周ポケットが5~6mm程度、大変危険です。

もう歯はグラグラ 歯周ポケットが6mm以上。もう歯はグラグラです。
一見歯は虫歯に見えないのに歯茎が弱って抜けてしまうのです。

杉田歯科医院では患者様の歯がいつまでも健康でいられるよう、虫歯の治療が終わった後も歯周病予防の治療をお勧めしています。

「歯周病」はからだの健康に関わらず、誰もがかかってしまう可能性があります。

日々の歯みがきやプラークコントロールだけではどうしても防ぐことができず、歯科医院の先生やスタッフが専用の器具を使って掃除することで健康な歯茎の状態を保つことができます。ついでに歯の表面についた色素沈着なども落とせるので常にピカピカの白い歯でいられますよ♪虫歯の治療が終わった後も歯のメンテナンスをお忘れなく☆


お問い合わせはこちら