デンタルニュース インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

デンタルニュース
HOME > デンタルニュース > 「虫歯発生までのメカニズム」「飲み物別酸性度について」
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会
夏

日中はずいぶん暑い日が続くようになりましたね。
外が暑いとついつい甘い飲み物をたくさん飲んでしまうこの季節。

少しだけ歯にも気を使って生活してみましょう。


虫歯発生までのメカニズム

暑くてもなるべくお茶かお水
知っていますか?

皆さんの生活には欠かせない「食事」。口の中はだ液によって常に適度な状態を保たれていますが、食べたり飲んだりすることで口の中が一時的に「酸性」になります。

口の中が酸性になると虫歯の菌が働き出し歯を溶かし始めます。

毎日の食事や1日1回程度の間食では虫歯の原因にはなりにくいのですが長時間にわたって食べたり飲み続けたりすると口の中の酸性の時間が長くなり虫歯になりやすくなります。

暑くてもなるべくお茶かお水にしよう。


飲み物別酸性度について

飲料名 酸性度 飲料名 酸性度
コーラ 2.2 紅茶(市販ペットボトル) 5.5
炭酸果汁飲料 2.9 缶コーヒー 6.2
スポーツドリンク 3.3 緑茶(市販ペットボトル) 6.3
乳酸菌飲料 3.5 牛乳 6.8
100%果汁飲料 3.6 ミネラルウォーター 7

ぶどうジュースオレンジジュース

私たちが普段口にしている食べ物や飲み物には「酸性度」が高いものがたくさんあります。酸性度というのは体に取り入れたときに酸性の状態になりやすくなる数値です。酸性の状態は歯を溶かしてしまう原因になりますが、口の中の菌の栄養分となる「糖分」を取らないようにすることも重要です。

コーラは酸性度が高い上、糖分を多量に含んだ飲み物です。間食時に飲む程度ならよいですが1日通してペットボトルなどで飲み続けるのはあまり関心できません。


ここがポイント!

普段の虫歯予防として歯の掃除の習慣化は大変重要ですが、虫歯になりにくい食生活を身に付けることも大変重要です。
甘い食べ物や飲み物等は短時間の間でサッととるようにしましょう!


お問い合わせはこちら